TOEICの価値について
2017.07.25

本を開く女性知識や技術を問う日本の各種試験や検定は、1級、準1級、2級…というように、級によってレベルを図るものが少なくありません。もちろん、それによって知識量や技術を具体的に証明することもできます。しかし、語学系のテストで点数を度外視し「○級を保有している」と考える場合は、必ずしも能力を証明することになるとは限りません。
例えば「何ヶ月も勉強してようやく準1級に手が届いた人」と「1級を目指しているものの、あと一歩及ばず合格できなかったため、準1級を保有している人」では、当然レベルに差があります。しかし、同じ「準1級保有者」として扱われます。試験当日に思うような力が出せなかった人も、偶然ハイスコアが獲得できた人も、「○級」という同じレベルとして扱われてしまいます。
TOEICでは、試験の結果が点数で通知されます。満点は990点とし、個人の結果が細かく評価されるため、より厳密に個人のレベルを把握することができます。英語力を必要とする仕事の場合「TOEICで何点を獲得したか」を面接や書類審査でチェックし、採用の鍵にすることもめずらしくありません。受験していない場合、点数を比べられないため「AさんとBさんならどちらがより英語力を期待できそうか」という判断が難しくなり、採用時に不利になる可能性もあります。毎年、世界中で多くの人が受験するTOEICは、複数人の英語力を比べたいときにこそ効果を発揮します。
企業で求められる英語のレベルにもよりますが、TOEICで700点〜800点獲得していれば「英語力のある人だ」とと認識されるシーンも増えるでしょう。さらに、900点以上を獲得していれば、大手企業の採用面接などでも高く評価されることが期待されます。英語力に自信があり、就職などのタイミングで強みにしたい人は、英語関連の資格や検定を取っておくべきです。その中でも、高い英語力を持っている人には、TOEICがおすすめです。
英語がもともと苦手な人なら、まずは500点以上を目指すところから始めましょう。資格や免許などを持っておらず、自己アピールできそうなポイントがない場合にも、TOEICの点数は大切なアピールポイントになります。また、受験者の多いTOEICは対策講座も充実しています。「500点以上」「700点以上」など、自分の目指すレベルに合った講座を選ぶことで、効率的なレベルアップが叶います。
これまでに試験を受けたことがなく、出題形式や傾向が分からないという人の場合は、少しでも高い点数を獲得するために、TOEICの講座を活用しましょう。スコアは全世界で共通の価値となります。自分の英語力をしっかりアピールするためにも、TOEICの試験で結果を出したいものですね。

▲ ページトップへ